ワコーの家づくり

家づくりを考えるということは、地域や周辺環境との関わりを考えるということでもあります。自然との関わりの中で、親から子へ、またその子供へと家族の歴史を育んでいく人生のステージ。


住宅を「環境」としてとらえると、家族にとっては健康で快適な場所、地球環境にとっては環境を担う一員としての配慮が必要です。


太陽や風の力を取り入れた設備や構造は、地球環境へのダメージを軽くするだけではなく、家族の健康面にもつながっていくといえるでしょう。
大きな意味で地球環境を考えると、長寿命で末永く住める家づくりが、省エネルギーに繋がり、私たちの健康にも繋がるのです。

燃料燃焼によるCO2の発生を防ぎ太陽の光という自然の力だけを利用して発電できる太陽の熱を電気に変えるシステム。

国(NEF:財団法人新エネルギー財団)もこのシステムの普及に力を注いでいます。

壁体内に通気層を設け、空気の循環を利用して結露やカビを防ぎ、住まいの長寿命化を可能にしました。

通気層+ESP断熱材をセットにした断熱パネルの採用により、冬暖かく夏涼しい住まいを実現。

ワコーハウジングは連続100棟以上瑕疵(かし・欠陥住宅)発生のない優良ビルダーとして、JIO(日本住宅保証検査機構)第三者機関から認定されました。お客様の安心と満足に専念し、数多くの方と出会い・・・ 笑顔を頂きお引渡しをしてきました。今までこうして努力をしてきた事が表彰に結びついたことを大変嬉しく思います。


お客様に愛され『ワコーハウジング』を共に成長へと導いて頂いた数多くのお客様方々、『本当にありがとうございます』これからも実績と信頼を元に、お客様の満足と笑顔のためスタッフ一同がんばります。